ニュース
» 2018年03月01日 14時45分 公開

五輪マスコット「100万円」は安い? 採用イラストレーター「何も不満はないです」

本人がコメント。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクターが発表されて一夜。採用されたデザイナーに支払われる金額が「100万円(税込み)」なのは少なすぎるのではないか? という声がSNS上で多数上がっています。そんな状況を受けてか、採用されたイラストレーターの谷口亮さんが「不満はないです」と自身のTwitterアカウント上で反応しました。

五輪マスコット「100万円(税込み)」は安い? 採用イラストレーター「何も不満はないです」 発表会見の谷口さん

 全国の小学生による投票の結果選ばれたマスコットキャラクター。デザインは公募され、入選作品には賞金10万円、採用作品には100万円が副賞として支払われます。また、応募にあたっては、権利を全て組織委員会に無償で譲渡することが条件になっており、今後グッズなどで発生する利益はデザイナーに一切還元されません。

五輪マスコット「100万円(税込み)」は安い? 採用イラストレーター「何も不満はないです」 発表会の記者会見に登壇したマスコット審査会メンバー

 これから大きな利益が見込まれるだけに、SNS上では「衝撃を受けた」「せめて税別100万円にしてやってくれ」「クリエイターがこんな仕打ちにあうの、ちょっと許せない」「僕には何も出来ないので、せめて作者の名前よ売れてくれー!」と、100万円で買い切りという形式に納得がいかない人が多いようです。


 ですが、採用された当の谷口さんは、賞金以外にロイヤリティーが発生しないことは納得済みだった様子。谷口さんはツイートで、「むしろお金には変えられない名誉なこと」「これから自分の頑張り次第だと思ってます と言うわけでキャラクターのご依頼お待ちしてます」と、今後への意気込みを伺わせています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう