ニュース
» 2018年03月01日 15時35分 公開

JKがPK(パンツ食い込む)と戦うPR動画のテンポがクセになる 食い込みにくいショーツ「non!PK」をワコールが発売

「ハイ、ノンピーケー」の響きが気持ちいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ワコールが、ヒップに食い込みにくいショーツ「non!PK」を発売しました。価格帯は1000〜1200円(税別)。同社によると、「PK」は女子中高生の間で用いられる「パンツ食い込む」の略語だそうです。男には知り得ない世界が開いた。


イメージ 無地は1000円、柄物は1100〜1200円

 発売を記念して、JK(女子高生)がPKと戦うPR動画も公開。不意のPKへ瞬時に対応するテクニックが、軽快なテンポに乗せて展開されます。


PK

PK ただ歩いているだけなのに、不意に訪れるPK

PK そんなときは古典的な手法で周囲の視線をそらし……

PK グッとかがんでガッツリ直す!

PK ハイ、ノンピーケー

 あるときはスカートのポケットを探るふりをしながら、またあるときはカバンでカバーしつつ――と、巧みな技術を駆使してPKを直すJKたち。解消したときの決めフレーズ「ハイ、NPK(ノンピーケー)」が、小気味よくてクセになります。ちょっと小島よしおみたいで。なお、東北弁・名古屋弁・大阪弁・博多弁の方言バージョンも用意されています。


PK 自転車の乗降時はPKになりがち

PK そんなときはカギを探すふりをして修正

PK ハイ、ノンピーケー

PK

PK カバンで隠しながら直すところを、意中の男子に見られてしまう

PK でも、ノンピーケー

 特設サイトでは、動画で挙げられたようなPKの発生事例を“あるある”ネタ風に紹介。階段を上ったり自転車をこいだりと、日常的な所作で起こる18パターンのPKが示されています。嫌なパターンを選んでTwitterでシェアすると、公式ショップ「WEGO」のクーポンが1万円分当たるキャンペーンも実施中。


PKPK

PKPK

PKPK

PKPK PKの原因と、もたらされる状態を桃でイメージ化。男性にも似たようなことは起きますが、これはつらい

 同社の研究によると、ティーンは成長に従ってヒップから臀溝(でんこう、ヒップとふとももの境目)にかけてボリュームが出るため、ショーツの伸びしろが足りないと座ったときなどに食い込みがちなのだそうです。対策として、「non!PK」は縦方向が十分に伸びるよう設計。生地がヒップの動きに追随する工夫が施され、すそがずれ上がりにくく食い込みにくい履き心地になっています。


PK 食い込みにくくするための工夫


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう