ニュース
» 2018年03月01日 16時30分 公開

「懐中電灯には蓄光テープを」 警視庁警備部災害対策課の今すぐできる防災の知識が好評

ドアノブなどにも。

[コンタケ,ねとらぼ]

 警視庁警備部災害対策課の公式Twitterが、停電時に役立つ知識を投稿しています。懐中電灯に蓄光テープを貼っておくことで、停電時でも場所がすぐに分かるというもの。なるほどこれは便利。




警視庁警備部災害対策課 災害 懐中電灯 蓄光テープ警視庁警備部災害対策課 災害 懐中電灯 蓄光テープ 懐中電灯に貼っておくことで停電時すぐに場所が分かる

 蓄光テープは、名前の通り暗所で薄く光るテープ。懐中電灯に貼っておくことで、停電時に真っ暗になることでどこに置いたか分からなくなってしまう本末転倒を防げます。同アカウントではその他にも、ドアノブ、非常用持出袋なども貼ったそうです。簡単にでき、思った以上に光るので家族も安心できたとのこと。

 リプライ欄では、「眼鏡ケースに貼っています」「ラジオに貼っています」「蓄光能力の低いテープも有るのでご注意」「長い蓄光テープをグルリと全周に貼る方が効果的」といった声が寄せられていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう