ニュース
» 2018年03月02日 11時00分 公開

「漣さんもきっと安心」 ドラマ「相棒」大杉漣の代役に杉本哲太が決定、ファンからは安堵の声

最終回は3月14日放送。

[深戸進路,ねとらぼ]

 テレビ朝日が3月2日、ドラマ「相棒 season16」に準レギュラーとして出演していた大杉漣さんの訃報を受けて、代役に杉本哲太さんの起用を発表しました。

大杉漣 相棒 代役 杉本哲太 特命係に敵対する警視庁副総監、衣笠藤治を演じていた大杉さん

 発表によると、現在同作は最終回スペシャル(3月14日放送)の制作が佳境を迎えており、大杉さんも警視庁副総監の衣笠藤治役として一部撮影に参加。突然の訃報を受け、さまざまな対応を検討した結果、台本や設定をそのままに杉本さんを代役に起用することが決定しました。

 杉本さんは、2017年のフジテレビ系「FNS27時間テレビ にほんのれきし」内で放送されたドラマ「僕の金ヶ崎」で大杉さんと共演しており、過去には自身の主演作に出演してもらったことも。大杉さんを「俳優として指標とすべき存在」と尊敬していたそうで、役柄だけでなくその魂も引き継ぐこととなります。


 この発表に番組ファンからは、「杉本哲太さん、素晴らしい人選だと思います」「杉本哲太さんなら副総監似合ってると思います!」「大杉漣さんもきっと安心して見てくれているはず!」など好意的なコメントが寄せられた他、「もうあの大杉さんのイメージがつきすぎちゃってる。どうしようもないことだけど」「もっと大杉漣さんの衣笠副総監を観たかった」など最終回に大杉さんの姿がないことを惜しむ声もあがっていました。

大杉漣 相棒 代役 杉本哲太 警視庁副総監 衣笠藤治 ドラマ第1話から大杉さん出演カット(画像はドラマ「相棒 season16」公式サイトから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう