ニュース
» 2018年03月03日 08時00分 公開

これはハイラル救えそう 鉛筆彫刻で「ゼルダの伝説」のマスターソードを再現

買えるものなら買いたい。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 鉛筆の“芯”を削って「ゼルダの伝説」のマスターソードを作っている動画が思わず掲げたくなる再現度です。刃の根本に描かれたトライフォースの模様など、細かいところまで忠実に再現されています。



 作製したのは、テキサス州に住むYouTuberのデュークさん。動画は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のゲーム画面を見た彼が、マスターソードを作ろうと思い立つところから始まります。その後、なぜか三輪車に乗ってスーパーに行くなどし、鉛筆を入手すると、さっそく作製に取りかかります。


ゲーム ゲーム画面を見るデュークさん

これ欲しい 「マスターソード欲しい」とつぶやく

三輪車 なぜか三輪車でお買い物に

 鉛筆は通常のものよりやや太めのものを使用。それでも気を抜けば折れてしまいそうな細さですが、デュークさんは小刀を巧みに操り、剣の形を削り出していきます。ざっくりした形ができたら、いったん芯を白く塗って下絵を書き入れ、さらに細かく削っていくデュークさん。


鉛筆 材料として使用するのはこの鉛筆

削り落とし 丁寧に鉛筆の軸を削り落とし

大体の形 図面を書き加えます

どんどん1 マスターソードお馴染みの、翼のような鍔部分も見えてきました……!

 仕上げにさしかかってきたら、ここからはやすりなども使用してさらにディテールを作り込んでいきます。最後は刃や柄の部分に色を塗り、見事なマスターソードが完成! とても鉛筆から作ったとは思えない出来映えです。


すっぽり 持っている指と比較すると小ささがよく分かります

ごまだれ1 外でマスターソードを天に掲げるデュークさん

ごまだれ2 「ごまだれ〜♪」のジングルが聞こえてきそう

 現在、動画は30万以上の再生数を記録。この他にもデュークさんは、同シリーズに出てくる「ムジュラの仮面」も作製しており、シリーズに対する愛の深さがうかがえます。次はどんな作品を手がけてくれるのか、非常に楽しみですね。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう