ニュース
» 2018年03月04日 16時41分 公開

学校にパソコンがないので黒板にWordを描く ガーナの先生に注目集まる

Microsoft Africaが端末を提供することを約束しています。

[ねとらぼ]

 パソコンのないガーナの学校で、黒板に「Microsoft Word」の画面を描いて子どもたちに教える先生のSNS投稿が注目を集めています。

 投稿したのはガーナのクマシの学校で教えているOwura Kwadwo Hottishさん。「ガーナの学校でのICT(情報通信技術)教育はとてもおかしい。黒板でICTで教える。生徒が大好きだから、理解させられることをやらなければ」というコメントともに、黒板にチョークでWordの画面を描いている写真を投稿しています。黒板に描かれたWordはさまざまな色のチョークを使い、メニューやボタンなども再現され、「タイトルバー」「メニューバー」などの説明が書き添えられています。

 2月半ばに投稿されたこの写真には「素晴らしい絵」「最高の先生」などの賛辞が寄せられました。また2月末にはアフリカの技術振興に携わる起業家が、TwitterでMicrosoft AfricaにHottishさんへの支援を呼びかけ、端末やMCE(マイクロソフト認定エデュケーター)プログラムなどを提供するというリプライを得ています。

 米公共ラジオ局(NPR)によるHottishさんへのインタビューによると、彼は中学校でWordのほか、パソコンの電源の入れ方・切り方やフォルダの作り方など基礎も教えていますが、学校にはパソコンがないため全て黒板で教えているとのこと。彼の自宅にはパソコンがあるそうですが、バッテリーの持ちが悪く学校には持ってこられないのだそうです。生徒の自宅にもパソコンはなく、黒板でコンピュータを教えるのは農村地方では普通のことなのだとか。

 投稿が話題になって以来、パソコンを寄付したいという申し出も多く寄せられているものの、まだ実際には届いていないそうです。「彼らが態勢を整えてコンピュータを提供できるよう祈っています」とHottishさんはNPRにコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう