コラム
» 2018年03月05日 11時00分 公開

【マンガ】白い牛乳は、牛の赤い血液からできている

色が全く違うのが不思議。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

白い牛乳は、牛の赤い血液からできている



※ 混同されることもあるが、「キャトルミューティレーション」とは、動物の死体が内臓や血液を失った状態で見つかる怪現象のこと。宇宙人がUFOで人間や動物を連れ去る行為は「アブダクション」。マンガ1〜2コマ目の状況は、正しくはアブダクションに該当する。

解説

 白い牛乳ができるもとになっているのは、実は赤い血液。牛が牧草などのエサを食べると、それは栄養分として吸収され、血液によって全身に運ばれます。牛の乳房には乳腺細胞というものがあり、これが血液中の栄養素から牛乳を作り出しています。

 では、どうして牛乳が赤色ではなく白色に見えるのかというと、牛乳中に分散しているタンパク質の粒子などが、光を乱反射しているから。ただし、常に同じ色をしているわけではなく、条件によってさまざまに変化します。例えば、太陽光にさらしているとビタミンB2が減少し、ピンク色になるとか。


参考


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう