ニュース
» 2018年03月06日 17時48分 公開

これはリアルなサイバーフォーミュラ 日産、「フォーミュラE」マシンのカラーリングコンセプトを公開

かっ飛んでいきそう……。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 日産自動車は3月6日、ジュネーブ国際モーターショー2018で「ABB FIAフォーミュラE選手権(以下、フォーミュラE)」に参戦するマシンのカラーリングコンセプトを公開しました。

フォーミュラE 日産 サイバーフォーミュラ 日産のフォーミュラEマシン(デザインコンセプト)

 デザインコンセプトは「空気抵抗と重力から自由になる」。日産のグローバルデザインを担当するアルフォンソ アルバイサ専務は「カラーデザインをする際に、ドップラー効果に留意したのは自然な成り行きだった。このドップラー効果の超音波パルスと、ソニックブームから発せられるパワーのコンビネーションが日産のフォーミュラE参戦をより勢い付けている」と述べています。

 フォーミュラEは2014年に始まったEV(電動自動車)を用いたフォーミュラカーレース。香港、ベルリン、チューリッヒ、ローマ、ニューヨークなどの都市で大会が行われます。自動車のEVシフトに伴い、自動車メーカーを始めとするEV関連メーカー各社がバッテリーやパワートレインの開発技術力を競う場として参戦を表明し、業界内外で注目されています。

 なお、フォーミュラEは2018-2019年の第5シーズンからマシンが第2世代に一新されます。日産は、ルノー、三菱自動車のアライアンスを活用し、2018年12月に始まるこの第5シーズンから参戦することを表明しています。

フォーミュラE 日産 サイバーフォーミュラ 日産のフォーミュラEマシン(デザインコンセプト)
フォーミュラE 日産 EV 東京モーターショー2017で、西川廣人社長がフォーミュラE参戦を表明

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう