ニュース
» 2018年03月07日 09時00分 公開

長崎・ハウステンボスで丸くて移動可能な「水上ホテル」の実証実験がスタート

この夏の本格稼働を目指しています。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ハウステンボス(長崎県)は「変なホテル」に次ぐ世界初のホテル「移動式球体型水上ホテル」の本格稼働を目指して実証実験をスタートします。

水上ホテル ハウステンボス「移動式球体型水上ホテル」

 水上ホテルは、直径6.4メートルの球体型の船舶。1階は約28平米の客室、2階は約5平米のデッキというメゾネットタイプになっています。

 室内はトイレ、ジェットバス、打たせ湯、天井シャワーなどを完備した新感覚空間。景色を眺めたり、リラクゼーション設備を堪能したりで寝ているヒマはなさそうです。

水上ホテル 窓からの景色も楽しみ

 定員は9人で、宿泊の場合は2〜3人での利用を想定。停泊状態での宿泊やハウステンボスと無人島間の移動をしながら宿泊実験を行い、この夏の本格稼働を目指します。

 ゴールデンウイークからはモニター宿泊も開始。初期段階は2艇、中期では10〜20艇での運営を予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう