ニュース
» 2018年03月07日 14時39分 公開

「ねるねるねるね」付属のキャンディーをデジタル作画用テクスチャに使うアイデアがうまいっ!

テーレッテレー♪

[沓澤真二,ねとらぼ]

 練ると色が変わる不思議なお菓子「ねるねるねるね」(クラシエフーズ)。最近の製品は付属のキャンディーチップをつけて食べるようになっています。この色とりどりのキャンディーを、デジタル作画のテクスチャに使うアイデアが「使いどころが上手い!」と評判です。元絵がキラキラの仕上がりに。


アイデア その発想はなかった(画像提供:さきどろさん)

 考案したのはTwitterユーザーのさきどろ(@sakidoro)さん。まず、ねるねるねるねの「3番の粉(キャンディーチップ)」を、素材用に撮影します。


3番の粉 中身は砕けたカラフルなキャンディー

撮影 中身を皿などにあけ、広げてならしてから撮影。キャンディーを複数用意するなりコピペするなりして量を増やすと、きめ細かくなっていいかも

 次にPhotoshopを使い、撮った画像を加工したい絵にレイヤーとして乗せます。このときレイヤーモードを「オーバーレイ」にすれば、キャンディーの色味と元絵が合わさり、輝きを表現できるわけです。


加工 素材と元絵を重ね、レイヤーウインドウからモードを「オーバーレイ」に。筆者の古いPhotoshop Elements(10)でもできました

加工前加工後 加工前・加工後。ねとらぼのマスコット・ITちゃんがよりポップに

 ツイートには「(発想を)練って(楽という意味で)おいしいねるねるね〜るね」「ねるねるねるねには無限の可能性がある」「元絵がうまいからこそ生きる」といった反応が。ゼリービーンズのような多色のお菓子でも同じことができそうですね。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう