ニュース
» 2018年03月07日 18時26分 公開

投げ銭サービス「Osushi」が再始動 お寿司の“現金化”は不可能に

代わりに「全国共通すし券」などの商品と交換できるサービスに。

[ねとらぼ]

 投げ銭(寄付金)を“おすし”に見立ててやりとりするサービス「Osushi」が3月7日、サービスを再開しました。2月1日にオープンしたものの、セキュリティ面の不備などを指摘する声が相次ぎ、一時的にサービスを休止していました。



 「Osushi」はウォンタが運営する投げ銭サービス。応援したいクリエイターに“お寿司”の名目で、1貫あたり100円の投げ銭を行うことができるという内容でしたが、開始直後から「ユーザーの同意なしにクレジットカード情報が記録される」「おすしを1回だけ送ったのに二重決済される」といった指摘が相次ぐ形に。また「個人間送金サービス」という側面から、法的問題を指摘する声もあがっていました。


お寿司 osushi お寿司は1貫100円で、3貫から10貫まで一度に送ることが可能

 再開後は一部サービス内容が変更されており、大きなところでは「もらったお寿司を現金として引き出すこと」が不可能に。かわりに受け取ったお寿司はさまざまな商品と交換できるようになっています。サイトでは交換可能な商品の一部として、「きゅうり醤油漬け 2袋」「帆立貝ひも」「生うに 200g」などを紹介。実際にサービスを利用してみたところ、他にも「天然まぐろ漬け」「いくら醤油漬け」「全国共通すし券」などが確認できました。


お寿司 osushiお寿司 osushi 交換可能な商品の一部。「全国共通すし券(500円分)」はお寿司12貫で交換可能

 サイトではサービス再開にあたり、当初から顧問弁護士と法的問題について相談を重ねていたとしつつも、「一方でお客様へのご説明が不十分であり、ご心配や混乱を招く結果となってしまいました」と謝罪。またサービス内容の変更については、「2月後半に金融庁にて担当者と正式に打ち合わせを行なっており、特段の問題がない旨をご返答いただいております。安心してご利用いただけますと幸いです」ともコメントしています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう