ニュース
» 2018年03月07日 20時00分 公開

「プログラミングは現代の魔法である」がテーマ ディズニーのプログラミング商材「テクノロジア魔法学校」発表

楽しく学べそう。

[ねとらぼ]

 ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングについて学べる学習教材「テクノロジア魔法学校」が発表されました。4月21日からサービス開始予定。


 「アナと雪の女王」「ベイマックス」「アラジン」など、13のディズニー作品を題材に、ゲーム内の物語にそってプログラミングを学ぶというもの。「プログラミングは現代の魔法である」をテーマに、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインの3コースを総合的に学習します。

「プログラミングは現代の魔法である」がテーマ ディズニーのプログラミング商材「テクノロジア魔法学校」発表 キャラクターとの会話形式で楽しく学べる

 ストーリーと連動した「魔法の本」や、レッスンごとに届くオリジナルポストカードなど、オンラインとアナログアイテムの融合という楽しい試みも。公式サイトでは既に予約が開始されており、先行予約特典として、「初回限定ナンバリングを施した魔法の本」と「白雪姫80周年記念オリジナルポストカード」を同封した初回限定モデルが用意されています。

「プログラミングは現代の魔法である」がテーマ ディズニーのプログラミング商材「テクノロジア魔法学校」発表 スタートキット「魔法の本」
「プログラミングは現代の魔法である」がテーマ ディズニーのプログラミング商材「テクノロジア魔法学校」発表 オリジナルポストカードは40種類以上

 基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分※の学習コンテンツを用意。週1回2時間の学習で、約1年間学ぶことができます。料金は12万8000円で、月1万600円の13回分割払いも可能(価格は全て税別)。公式サイトのほか、全国の家電量販店などで発売される予定となっています。

※学習者によって、学習速度は異なるとのこと

「プログラミングは現代の魔法である」がテーマ ディズニーのプログラミング商材「テクノロジア魔法学校」発表 教材内に使用される作品と学習内容の一覧

商品概要

商品名 ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」

内容 初心者向けオンラインプログラミング学習教材

商品構成 オンラインプログラミング学習教材(3コース)+スタートキット「魔法の本」+オリジナルハガキ(※進捗に合わせて届きます)

対象 12歳以上(12歳未満の方は保護者の助言・指導が必要)

学習言語 JavaScript、HTML、CSS、Processing、Shader

学習コース メディアアート、ゲーム制作、Webデザイン

学習時間目安 約100時間(基礎編約40時間/応用編約60時間)

週1回、2時間ずつ学べば約1年で修了。毎日学べば約2-3ヶ月と、自分の好きなペースで進めることが可能です。

サービス開始時期 2018年4月21日

料金 12万8000円(税別)※分割払い可13回分割払いの場合、月1万600円

支払い方法 クレジット決済

推奨環境

対応OS

Windows 7/8.1/10以上

OS X El Capitan(10.11)/macOS Sierra(10.12)/macOS High Sierra(10.13)以上

対応ブラウザ

Windows

Chrome最新版

Firefox最新版

MacOS

Chrome最新版

Firefox最新版

Safari最新版

画面解像度 1366 x 768ピクセル以上

通信速度 3Mbps以上

取り扱い予定の家電量販店・小売店・オンラインショップ一覧

 ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、TSUKUMO、二子玉川 蔦屋家電、株式会社丸井グループ(マルイファミリー溝口※、渋谷モディ※)、ディズニーストア オンライン店、ソフトバンクセレクションオンラインショップ(発表時点・順不同・順次拡大予定)

※マルイファミリー溝口、渋谷モディは期間限定イベントショップ。

「プログラミングは現代の魔法である」がテーマ ディズニーのプログラミング商材「テクノロジア魔法学校」発表

(C)Disney



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう