ニュース
» 2018年03月09日 16時40分 公開

デマツイートは真実より6倍速く拡散される MITが12万以上の話題から分析

研究者は「誤った情報は斬新であるゆえに共有されやすい」と考察。不確かな新情報でも、不安を覚えると意見を求めたくなりますしね。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「Twitterではデマが真実よりも6倍速く拡散する」とする研究を、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が発表しました


公式発表 MITの発表

 研究チームは2006年から2017年にかけて投稿された英文のツイートのうち、450万回以上話題にされたニュースやうわさなど約12万6000件を分析。6つのファクトチェック団体の協力を受けて、話題の真偽を判断しました。そのうち約4万5000件が政治関連で、その他の都市伝説やビジネス、テロといった話題よりもデマの拡散が顕著だったといいます。

 分析の結果、誤った情報は真実の1.7倍リツイートされる可能性があると判明。また、デマが1500人に伝わるまでの速さは、真実の6倍だったとのことです。

 デマが拡散しやすい理由について、研究者は「誤った情報はより斬新であり、人々は斬新な情報を共有する可能性が高い」とコメント。「SNSでは、知られていなかった(誤っているかもしれない)情報を最初に共有することで、人々は注目を集めることができる」と考察しています。


デマ 新説の類は、真偽はどうあれ斬新さゆえに訴求しやすい?

 この仮説を調査するため、無作為抽出したデマツイートへの反応も分析。その結果、偽情報の場合は驚きや恐れなどの感情を含むことが多く、真実では悲しみや不安、喜びなどを含む傾向があると分かりました。

 結果を受けて、研究者は「斬新さがリツイートを引き起こす」と断定することはできないが、「偽情報が伝播するうえで、その斬新さは重要になりうる」としています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう