ニュース
» 2018年03月11日 12時35分 公開

解説の郷田「この形は……」 漫画「カーリング」の配置がどう見てもボトムズにしか見えず、ネット民むせかえる

どうだい、この色はよ。

[Kikka,ねとらぼ]

 平昌オリンピックで大人気となったカーリングをモチーフにした4コマ漫画がボトムズすぎて「これはむせる」と話題になっています。オープニングの脳内再生余裕でした。

 4コマ漫画「カーリング」を投稿したのは、コミッククリアなどで漫画「この素晴らしい世界に祝福を! かっぽれ!」を連載していた漫画家のずんだコロッケ(@zundacroquette)さん。

 漫画では冒頭、カーリングのストーン3つが的となる「ハウス」の上に乗っている様子が描かれています。これについてアナウンサーは「この配置になりました……」「解説の郷田さん この石の形どう見ますか……?」と質問。すると郷田さんは「そうですね この形は……この形は……」と溜めたあと、1983年に放送されたアニメ「装甲騎兵ボトムズ」を連想するのでした。そだねー! それにしか見えないねー!


ボトムズ むせる

 あらためて漫画をよく見てると、通常は青・赤で構成されるハウスが緑色になっており、盤面のストーンの赤と青が主人公機、スコープドッグのように見えます。これにはリプ欄にボトムズを指したり、ボトムズっぽい何かを指す用語「むせる」のコメントが殺到。「脳内に突如流れるあのイントロ」とオープニングテーマが脳内再生されてしまう人も現れました。


ボトムズ むせる ボトムズに登場するスコープドッグ(Amazonより)

 また解説の郷田さんとは、ボトムズの主人公、キリコ・キュービィーを担当した声優の郷田ほづみをイメージしたとみられており、「だから解説が郷田さんなのですね。では実況は千葉さん?」「『解説の郷田さん』が上手い」とのコメントも。

 中には「かつて、あの重々しき歌に送られた選手達。故国を守る誇りを、厚い氷上に包んだアーマード・トルーパーの、ここは、墓場。魂無きシムソンズ達が、ただ己の生存を賭けて激突する。次回、『カーリング』。滑るストーンから、キリコに熱い視線が突き刺さる」と暑苦しい次回予告を考案する人もいました。むせるわ。

画像提供:ずんだコロッケ(@zundacroquette)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう