ニュース
» 2018年03月12日 17時30分 公開

アリゲーターガーに乗ってスイーッと運んでもらうカメさん まるで昔話のような光景が目撃される

カメさんラクチンでうらやましいな。

[k村,ねとらぼ]

 昔話「浦島太郎」では、自らの背に浦島太郎を乗せて海を泳いだ義理堅いカメさんですが、たまには誰かの背中に乗って、運んでもらうこともあるようです。宮城県仙台市にある仙台うみの杜水族館(@sendaiuminomori)で撮影されたのは、泳ぐアリゲーターガーの背中にちょこんと乗っかり運んでもらうアカミミガメさんの姿。アリゲーターガーとアカミミガメさんの意外なコラボに、Twitter上では驚きの声があがっています。



 水槽の中を悠々と泳ぐ、大きなアリゲーターガー。その背中にはアカミミガメさんが澄ました顔をして、ちょこんと乗っかっています。


ALT ちょっとそこまで乗っけてちょーだい

ALT 素晴らしいバランス感覚

 アカミミガメさんを乗せたまま、ゆったりと水槽を横切っていくアリゲーターガーさん。曲がり切ったところで、「このへんで降りようかな〜」とでも言っているかのように、アカミミガメさんはアリゲーターガーの背中におろしていた前足と後ろ足をそっと離していきます。乗り慣れているように見えるところがかわいい。

 Twitterではこの二匹の姿に、「かわいい」「日本昔話のオープニングみたい」「仲良しな姿がほほえましい」などの感想が続々と寄せられました。アリゲーターガーさんの恩返しかな?


ALT 横切っていくアリゲーターガー

ALT アカミミガメさん「乗せてくれてさんきゅー」

 今回の動画で一躍人気者になったアリゲーターガーは、外来種でありそのワイルドな見た目から、凶暴性ばかりがクローズアップされがち。また、アカミミガメも同じく外来種のため、何かと邪魔者扱いされてしまう二匹です。そんな二匹がタッグを組んで、かわいい姿を見せてくれた今回の動画。「ぼくたちだって一生懸命生きているんだよ」というメッセージを人間に伝えたいのかもしれませんね。



ALT あくびをすると口が白いアリゲーターガー

画像提供:仙台うみの杜水族館公式(@sendaiuminomori)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう