ニュース
» 2018年03月12日 17時22分 公開

福島県内の全てのサンクスが消滅 都道府県で初のファミマへの転換完了

既に全国で約3500店舗がブランド転換している。

[ねとらぼ]

 ファミリーマートは2018年2月末をもって、福島県内のサンクス店舗の営業を終了し、ファミリーマートへのブランド転換を完了した。都道府県では初。

 2016年9月から「サークルK」「サンクス」から「ファミリーマート」へのブランド転換を進めており、同年9月に1号店のブランド転換を開始。福島県においては2016年12月にブランド転換店舗1号店を開店していた(福島県内にサークルK店舗はない)。なお、「サンクス福島南沢又店」「サンクス福島飯坂町東湯野店」「サンクス福島伊達宮前店」の3店舗が2月末までサンクスとして営業していた。2018年2月末までに約3500店舗の転換が完了している。

サンクス福島県から消滅 サンクス店舗を福島県で検索してみると……

サンクス福島県から消滅 近くの店舗は隣県をオススメされる……。本当になくなったのね

サンクス福島県から消滅 福島県内最後のサンクスだった3店舗の1つ「福島南沢又店」もファミマに

 ブランド転換に伴い、各商品の統合も進められており、ファミリーマートの「ファミチキ」や「FAMIMA CAFE」のフラッペシリーズなどをサークルK・サンクスに導入する一方、サークルK・サンクスの「濃厚焼きチーズタルト」や「焼きとり」シリーズをファミリーマートでも販売している。

サンクス福島県から消滅 2016年にユニーグループ・ホールディングスと経営統合し、コンビニブランドを「ファミリーマート」に一本化すると発表(関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう