ニュース
» 2018年03月14日 20時35分 公開

ニコニコ生放送でホーキング博士追悼特番 “車いすの天才物理学者”が遺した業績を振り返る

宇宙創成からブラックホールの謎、タイムトラベルの可能性など独創的な理論を次々と発表していました。

[ねとらぼ]

 理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士が亡くなったことを受け(関連記事)、ニコニコ生放送で追悼特番が放送されることが分かりました。放送は3月14日23時から。



 N予備校で物理講師を務める内藤法胤さんとともに、ホーキング博士が遺した独創的な理論や業績などをあらためて振り返るという内容。配信ページではホーキング博士に関する質問や意見、感想なども募集しています。



 ホーキング博士は21歳でALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、闘病を続けながら宇宙理論について研究。宇宙創成からブラックホールの謎、タイムトラベルの可能性など独創的な理論を次々と発表し「車いすの天才科学者」と呼ばれていました。


ホーキング博士 追悼特番 ホーキング博士の公式サイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう