ニュース
» 2018年03月15日 16時00分 公開

うぉぉぉめっちゃリアル! あの天空の駅「三江線 宇都井駅」が150分の1模型に (1/2)

例の“階段”も、忠実に再現。でもコア過ぎやしないか? いいや、そんなことはない。(写真:10点)

[岩城俊介,ねとらぼ]

 トミーテックから、あの「宇都井駅」を忠実に再現した150分の1模型「駅コレクション 三江線宇都井駅<STA001>」が登場。2018年8月に発売します。価格は6000円(税別、以下同)。駅のライトアップを再現できる「ライトアップバージョン<STA001L>(8000円)」も用意します。

天空の城 三江線 廃線 宇都井駅 プラモ 駅コレクション 三江線宇都井駅

 宇都井(うづい)駅は、2018年3月31日に廃止となるJR西日本三江線の名物駅(関連記事)。ホームが地上から20メートルの高さにあり、116段の階段を上ってようやくホームにたどり着く修行的な要素と他にはない独特なデザインから「天空の駅」と呼ばれ、親しまれました。

 駅コレクション 三江線宇都井駅は、鉄道模型ジオラマ用情景パーツ「ジオコレ」の新シリーズ「駅コレクション」の第1弾。上空のホーム、中央の階段棟を挟む4脚、そして116段ある階段のうち外から見える110段を、組み立て済みの150分の1スケールで忠実に再現しました。駅入口近くのトイレやバス停、駅周辺情景シートなどのディテールアップパーツも付属します。さらにライトアップバージョンでは、2017年末の「NHK ゆく年くる年」で中継放送されたライトアップも再現できるようになっています。

天空の城 三江線 廃線 宇都井駅 プラモ 見上げると、独特の形状から「天空の駅」と愛された理由がよく分かる
天空の城 三江線 廃線 宇都井駅 プラモ ライトアップバージョンは「ゆく年くる年」の幻想的なライトアップを再現可能
天空の城 三江線 廃線 宇都井駅 プラモ もちろん「あの階段」も1段1段忠実に再現

 模型サイズは、320(幅)×185(高さ)×105(奥行き)ミリで、道床部は317ミリ。別売りの「TOMIX JRキハ120-300形ディーゼルカー 三江線セット」など、150分の1スケールのNゲージ車両を2両分ホームへ停車できます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.