ニュース
» 2018年03月15日 15時59分 公開

カシオの「ゲーム電卓」が復活! 数字のインベーダーを計算しながら撃ち落とす懐かしの一品

高得点を狙うにはすばやい足し算と入力を求められる、頭を使うシステムが特徴。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カシオが1980年に発売したヒット商品、「ゲーム電卓」の復活を発表しました。オリジナル版にアレンジを加えた「ゲーム電卓 SL-880」を、3月23日に発売。オープン価格で、実売予想価格は2000円(税別)前後とされています。


復刻 新たに発売されるゲーム電卓

オリジナル こちらは1980年発売のオリジナル版。見比べると、新製品の改良のほどが分かる

 オリジナル版は1980年代前半に同社が展開していた、ゲーム機能搭載電卓の第1弾。液晶画面の右から左へ侵攻してくる、数字のインベーダーを撃ち落とすシューティングゲームが遊べます。


システム 敵も自陣の砲台も、全部7セグ表示で表現

 小数点ボタンを押して左の照準(数字)を敵と同じ数字に合わせ、+ボタンで迎撃するのがゲームの基本。敵の数字の和が末尾ゼロになるように続けて撃つ(例えば3、7の順に撃墜)と、高得点のUFOが登場するのがゲームのキモで、ハイスコアを狙うにはすばやい計算と操作が必要となります。

 ただ、敵が右にいるときほど撃墜時の得点が多いので、状況によっては計算せず急いで撃ち落とす手も。このゲームが漫画『ゲームセンターあらし』に登場したとき、算数が一切できない主人公はそれだけで勝負していました。

 復刻版では液晶画面が大きく見やすくなり、ケタ数も8から10に増加。太陽電池や消費税計算機能を追加するなど、電卓としての使い勝手も向上しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう