ニュース
» 2018年03月15日 18時52分 公開

GoogleマップのAPI、ゲーム開発者に提供 リアルワールドゲームが作れる

既に現実世界で恐竜を探すゲームなどが開発されています。

[ねとらぼ]

 GoogleがGoogleマップのAPIをゲーム開発者に提供すると発表しました。開発者はGoogleマップのデータを活用し、現実世界をもとにしたゲームを開発できるようになります。

 ゲーム開発者は200カ国以上の建物の3Dモデル、道路、ランドマークなどをゲームに取り入れることができ、またUnityを使ってこれらをカスタマイズすることも可能です。Googleマップのインフラを基盤とするため、応答時間も早く、需要に応じて規模を拡大できるとしています。

 利用したいゲーム開発者はWebサイトから問い合わせる必要があります。既にこのAPIを使ったゲームとして、「ウォーキング・デッド」「ゴーストバスターズ」「ジュラシック・ワールド」のゲームが開発されており、例えば「ジュラシック・ワールド」のゲーム「Jurassic World Alive」は、「ポケモンGO」のように現実の都市や街を探索しながら恐竜たちを探すARゲームとなっています(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう