ニュース
» 2018年03月16日 14時57分 公開

梅宮アンナ、父・梅宮辰夫の30針縫うケガに「パーティさすがに無理かな」 現在の状況も明かす

1週間後には抜糸予定とのこと。

[のとほのか,ねとらぼ]

 モデルでタレントの梅宮アンナさんが3月16日、額を30針縫うほどのケガを負った父で俳優の梅宮辰夫さんの状態をInstagramで明かしました。

梅宮アンナ 梅宮辰夫 けが 顔 生誕80年・芸能生活60年を祝う会が開催(画像は梅宮アンナ公式Instagramから)

 辰夫さんは、3月15日に生誕80年・芸能生活60年を祝う会を開催。しかし会場入りの際に転倒し病院に搬送される事故が発生。その後、パーティーには30針縫った顔を覆う大きなばんそうこうを貼った痛々しい姿で現れました。

 ネット上で心配の声があがる中、アンナさんが「ニュースなどでご存知の方もいらっしゃるとは思いますが」と前置きした上で父のケガについてコメント。一報が入った際には、「今日のパーティさすがに無理かな」との考えもよぎったようですが、辰夫さんの意志もあり続行。「痛々しい姿ではありましたが、無事にパーティを終える事ができました」と元気よく歌う辰夫さんの姿を公開しました。


梅宮アンナ 梅宮辰夫 けが 顔 30針縫ってもパーティーを続行するプロ魂(画像は梅宮アンナ公式Instagramから)

 ケガの状況については、「先生方の配慮により、傷がなるべく残らない様に細かく縫って頂いて」としており、「皆さまご心配をお掛けしていますが、、大丈夫です」と報告。1週間後には抜糸の予定であることも明かしています。

梅宮アンナ 梅宮辰夫 けが 顔 パーティーには辰夫さんの体ものまねでも知られる「ロバート」秋山竜次さんも参加(画像は梅宮アンナ公式Instagramから)

関連キーワード

パーティー | 俳優 | 芸能人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう