ニュース
» 2018年03月16日 18時48分 公開

Google マップで「車いす対応」のルート検索が可能に

既に東京は対応。ベビーカー利用者や旅行者などにも便利。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 グーグルは3月15日(現地時間)、「Google マップ」の経路案内に車いすで利用しやすいルートの検索機能を追加したと告知しました。この機能は東京、ロンドン、ニューヨーク、メキシコシティ、ボストン、シドニーで既に実装済み。対応都市はこのほかにも順次拡大するとしています。

Google マップルート検索画面Google マップ 車いす ベビーカー 対応 経路オプションで「車椅子対応」を選択できるようになった

 検索オプションで「車椅子対応」を選ぶと、車いすやベビーカー利用者などに適するルートを示します。設定項目は、目的地の入力後、公共交通機関を示す「電車アイコン」をタップすると表れる「ルートのオプション」の中にあります。

Google マップ 車いす ベビーカー 対応 ベビーカーを持って階段を下りるのは大変です(公式PR動画より、以下同)
Google マップ 車いす ベビーカー 対応 上下移動の多い駅では、特にエレベーターの位置を適切に知りたいことがある

 グーグルは「車いすに対応した出入口」などの情報を引き続きGoogle マップの口コミ機能であるローカルガイド経由で募っています。2018年3月現在、世界1200万以上の場所でこのような情報が登録されています。また、その駅が通行しやすいかどうかを事前に調べておけるGoogle ストリートビュー(インドアビュー)も併用してほしいとしています。

東京駅のストリートビュー Google ストリートビュー(インドアビュー)では、例えば「東京駅の構内」などもチェックできる

 車いす利用者だけではなく、ベビーカー利用者や足腰が弱った人、ケガをした人、スーツケースなどの大きな荷物を持った人なども含めて、万人に優しく使えそうです。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう