ニュース
» 2018年03月18日 20時00分 公開

下から見たペンギンが圧倒的迫力 南極に置かれたカメラで自撮りするペンギン

コウテイペンギンの警戒心の薄さを利用しました。

[錆,ねとらぼ]

 コウテイペンギンが南極で自撮りをする様子が撮影されました。下のアングルから見えるたくましい胸部と2重アゴがかわいい……。



 南極に置かれたカメラにまず写し出されたのはコウテイペンギンのたくましい足。この時点では白いお腹と足しか見えませんが、ペンギンがつついた拍子にちょうど良くカメラが上を向きます。


AusAntarctic ペンギンの意外にワイルドな足

 上を向いたカメラに写ったのは1羽のたくましい胸部と興味深そうにのぞきこむかわいらしいお顔。もう1羽もカメラが気になったのか近寄ってきました。2羽で「これは何だろう?」と話しているのでしょうか。鳴き声がしっかり聞こえます。


AusAntarctic 「これなにー?」とのぞきこむ2羽

 撮影された場所は、オーストラリアのMawson研究所近くのAuster Rookeryという南極にあるペンギンの群生地。南極遠征隊隊員、Eddie Gaultがカメラを置いてみたところコウテイペンギンが近づいてきて、自撮りをしてくれたそうです。

 南極が生息地のため、他の動物に対して警戒心が薄いコウテイペンギン。そのおかげで愛らしい様子を見ることができました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう