ニュース
» 2018年03月18日 22時00分 公開

東京大学が発表したプロジェクションマッピング 服を伸ばしても動いてもジャンプしても柄にしか見えない技術に驚きの声

SFの未来は確実にやってきている……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 東京大学の石川渡辺研究室が公開した、進化したプロジェクトマッピングの動画が「すごすぎる」「もう訳が分からないくらいの技術」と話題になっています。



 2016年に公開され話題になった「服の柄にしか見えないプロジェクションマッピング」(関連記事)をアップグレード。前回はモノクロでしたが、今回は8bitのカラー映像になり、それを947fps(=1秒間に947枚の画像を表示すること)で投影可能という高速プロジェクター「DynaFlash v2」を実現しています。

 また10台のカメラを使い、高速かつ広範囲で「非剛体変形(※柔らかな物の変形)」を3次元で認識可能な新しいトラッキングシステムを開発。自由に動く服に追従するだけでなく、服を縦に伸ばすと投影された柄も伸びたりと、びっくりするほどの現実感があります。


ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 カラーの綺麗な柄を服に投影

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 柄が自在に伸びてる!?

 動画では、人物がカメラから少し離れて左右に素早く動いてもズレなく追従する様子が見られ、さらにはジャンプしてクルッと横回転するシーンも。カメラ側に一度背中が向きますがそこには何も投影されず、正面が見えてきたと同時に再び柄が見え、映像がぶれるほど速い動きにもかかわらず、違和感なく映像が投影されているのが確認できます。もう本気で光る柄にしか見えない……。


ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 左右に素早く動いても追従しています

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 ジャンプして回転しても

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 背中には映像が写りませんが……

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 戻ってきたときには柄が。いろいろとすごすぎる……

 見えている柄としての光沢や凹凸の表現も見事で、特に立体感のある柄をいろんな角度で見たときの凹凸感は、生々しいほどのリアルさで驚きます。

 この動画はSNSなどを通じて話題になり、「またPerfumeのライブが進化してしまうのか」など、同技術を使った新しいエンターテインメントの演出に期待する声や、「全裸で踊れる」「光学迷彩」といった未来を想像する声が上がるなど、さまざまな反響を呼んでいます。


ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 動かした時の光沢感も再現

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 このリアル感

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 高速プロジェクターと10台のカメラが使われています

ダイナミック プロジェクションマッピング DynaFlash v2 東京大学 まさに未来を見る動画でした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう