ニュース
» 2018年03月20日 11時42分 公開

海賊版サイト問題に政府「早急に対策を講じていきたい」 サイトブロッキングも検討中

19日の記者会見で菅義偉内閣官房長官が語りました。

[ねとらぼ]

 菅義偉内閣官房長官は3月19日午後の記者会見で、マンガやアニメの「海賊版サイト」問題について、「サイトブロッキングを含めて現在あらゆる方策の可能性を検討しております」と語りました。


海賊版サイト ブロッキング 菅内閣官房長官(ニコニコ生放送より)

 菅官房長官は記者からの質問を受け、海賊版サイトについて、政府としても“被害が昨今深刻化している”との認識を持っていると説明。その上で「わが国のマンガ、アニメなどはクールジャパンを代表する重要なコンテンツであります。その担い手である漫画家やクリエーターの手元に入るべき収益が海賊版サイトによって奪われることはコンテンツ産業の根幹を揺るがす事態となりかねない」とし、引き続き関係省庁と連携しつつ「早急に対策を講じていきたい」とコメントしました。


海賊版サイト ブロッキング 漫画海賊サイト

 サイトブロッキングとは、特定のサイトへの通信をプロバイダー側が強制的に遮断する方法。日本国憲法における「通信の秘密」に抵触するのではないかとの懸念はあるものの、世界的にも導入が広がっており、海賊サイト対策の“究極の手段”として、内閣府の知的財産戦略本部の検証・評価・企画委員会でも以前から導入について議論が進められていました(関連記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう