ニュース
» 2018年03月21日 09時00分 公開

「夜に予定があるオーラを放つ」「先に上司を気持ちよく帰らせる」 KDDIが定時退社のプロ集団による「ビジネス帰宅部」を結成

まずこれが通用する環境作りを……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 定時で帰りたい会社員を応援する特設サイト、「#ビジネス帰宅部」をKDDIが開設しました。「帰り方改革」と題して、残業を避けて帰宅するためのスキルを動画で提案しています。



ビジネス帰宅部 定時で帰ろうと奮闘する人たち

 残業を振ろうとフロアを回る、上司を中心に動画は進行。しかし部下たちは大声で時刻をうったえる「定時の大号令」や、バッグを抱え込んで帰宅の姿勢を崩さない「バッグホールド」などのスキルを駆使し、残業を回避していきます。


上司 上司「残業、よろしく!」

定時の大号令 部下「やっべー! もう定時かよ〜!」と過剰にアピール

バッグホールド 部下「今日じゃなくても大丈夫ですよね」

バッグホールド 帰宅の姿勢を固持

 イスにジャケットを残し、まだオフィスにいるフリをして帰る、「変わり身ジャケット」など高度な手口も。たぶんロッカーに予備の服があるんでしょうね。急な着信が来たフリをして上司から逃げる「でんわ中がえり」なんて手もあります。


変わり身ジャケット 上司「まだ会社にいるのかな。またあとで声かけよう」

変わり身ジャケット 実は既に帰ってました

でんわ中がえり

でんわ中がえり 急な着信を装って強引に帰宅

 「ほのめかシグナル」を使う女性社員は、午後になって急に化粧をキメキメにして、「今夜は用事があるオーラ」を全開に。それでも上司が残業を頼もうとすると、腕時計の時刻をアピールする「チラチラウォッチ」で断固拒否します。だんだん上司がかわいそうに見えてきた。


ほのめかシグナル

チラチラウォッチ 女性社員、つよい

 そもそも職場の「帰れないムード」の一因は、「上司より先に帰るのか」という“圧”にあると考えられます。そこを突いたのが最後の「スタンディングオツカレーション」。上司をグータッチで気持ちよく送り出し、全員が心置きなく帰宅できる状況を作り出します。どのスキルにしても、「通用するような職場だったら普通に帰れるのでは」といった疑問は否めません。ただ、残業の削減を目指すには、環境作りが大切なことだけはうかがえます。


スタンディングオツカレーション 「部長、お疲れ様です♪」

スタンディングオツカレーション 部長「みんな明日がんばろう!」。優しい世界

STB 実はケーブルテレビ用STB(セットトップボックス)、「ケーブルプラスSTB」のPR動画でした

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう