ニュース
» 2018年03月21日 11時30分 公開

「シェイプ・オブ・ウォーター」が描く抑圧と解放 モンスターの一撃は何を救済したか? (1/3)

ネタバレ注意。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 劇場公開から2週間。US版Blu-rayが到着し、「シェイプ・オブ・ウォーター」米国公開版を見ることができた(関連記事)。本作は監督協会賞、金獅子賞のみならず第90回アカデミー賞監督賞、作品賞含む4部門を受賞した彼の現時点でのマスターピースであり、疑いの余地もない傑作だ。

 以下、公開から時間が空いた話題作ということもあり、内容には多量にネタバレを含む。また、本記事の大半は作品を見たうえでないと理解できない内容になっていることをあらかじめご了承いただきたい。

「シェイプ・オブ・ウォーター」が問いかける相互理解、そして抑圧からの解放 (C)2017 Twentieth Century Fox

全面に押し出された"抑圧への反対"

 「刀を鳥に加へて鳥の血に悲しめど、魚の血に悲しまず。聲ある者は幸福也」……といえば、映画「イノセンス」に引用された斎藤緑雨の「半文銭」だ。声をあげられない魚を模した怪物に、唖者であるイライザ(サリー・ホーキンス)は自分と同じものを見る。

 時代は冷戦期。それはデル・トロが語るように、アメリカが再び偉大な大国となるよう動き始め、生活は豊かになり、夢と希望にあふれた時代――アングロ・サクソン系プロテスタント男性にとっては――でありながら、同時に古い時代の規範がいまだ根強く存在し、それに縛られている者たちの苦しみは続いている。

 その混沌の時勢の中、声をあげられない者たちは抑圧され、虐げられる。例えばそれはイライザ同様の唖者であり、南米からの移民を象徴するモンスター。ゼルダのような黒人たち。さらにはジャイルズに象徴される同性愛者、といった人々である。

 本作にはこれまでデル・トロが描いてきたファンタジーの絶対肯定のほか、受賞スピーチ最初の一声を「私は移民です」とした彼の考える、はっきりとした抑圧への反対論、さらには相互理解の重要性が見てとれる。

 確かにメインプロットは異境から現れた怪物であるモンスターとイライザのラブストーリーだ。だが本作は「美女と野獣」、ならびに「大アマゾンの半魚人」のラストシーンに端を発する。真実の愛を知った野獣は美しい王子に姿を変え、半魚人はヒロインと結ばれることなく死んでしまう(※)。つまり、物語の中ですら“社会ののけもの”は幸せになれないのか、という少年期のデル・トロの疑問が、本作を撮るきっかけとなっているのだ。

 その象徴として映し出されるのが、作中幾度か現れる劇場のスクリーン、そこに流される映画「砂漠の女王」のある場面だ。これは王により建設されている邪神・ケモシュの神像がぐらつき、奴隷であるクリスチャンたちがその下敷きになるシーンの直前だ。

 イライザが劇場に入る。闇。「砂漠の女王」が無人の劇場にかかっている。

 スクリーン:異教の神の石像が大きくぐらつく。クリスチャンの奴隷たちがつぶされ、叫んでいる。

 彼女は座席を見渡す。客は誰一人いない。

(脚本より)


 該当シーンの使用は脚本にも明確に記載されている。ここで提示されているのは、誤った社会規範の抑圧により苦しめられる民衆の姿だ。そしてこの苦しみはイライザとモンスター、ジャイルズ、ゼルダ、そして後述するように――ストリックランドにも通じている。

※「大アマゾンの半魚人」で半魚人(ギルマン)は銃撃を受けはしたものの厳密には死んでおらず、続編「半魚人の逆襲」に再登場、水族館の見せ物とされる。そして第三作、「THE CREATURE WALKS AMONG US(日本未発売)」にて大火傷を負い、肺を切り取られて歪な人間化を果たす。そしてもはや水中呼吸ができない体になったにもかかわらず、海へと帰っていく。


「正しく」矯正されたシーン

 以前の記事で書いた通り、本作の日本での劇場公開版はあるシーンに数秒間のぼかし処理が為されている。その箇所はマイケル・シャノン演じるストリックランドと、その妻のベッドシーンだ。モンスター、およびイライザのシーンには一切の修正がない。ということで、「ただのセックスなら仕方ない、大したシーンじゃない」と感じている人が大半だろう。だが、これは誤りだ。残念ながら。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.