ニュース
» 2018年03月21日 20時20分 公開

無人店舗「モノタロウAIストア」が佐賀で開業へ 商品のバーコードをスマホで読み取って決済

工具や作業服などの工業用品約2000点を、AIの管理のもとに販売。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 工業用品の通販大手・モノタロウが、無人の実店舗「AIストア」を4月2日に佐賀大学の本庄キャンパスでオープンします。運営にあたっては、AIやIoTを手がけるオプティムと提携。人件費高騰・長時間労働などの課題を解決する実証実験としての試みです。


イメージ

イメージ 店舗のイメージ

 工具や作業服といった作業用品や、素材等の研究用品約2000点を販売。利用者は専用アプリからログインし、端末に表示されたQRコードをゲートにかざして入店することになります。購入する商品が決まったら、バーコードを端末でスキャンしてアプリ上で決済。その分の商品を持って退店する仕組みです。


システム 一連の手続きをアプリで一貫して行える

 店舗の管理には、オプティムの支援サービス「Smart Retail Management」を使用。カメラやゲートなどの機器から取得したデータをAIが解析し、来店状況の分析や防犯検知などを行います。モノタロウはこの実験を通して、工業用品の新たな調達方法を提案すると述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう