ニュース
» 2018年03月22日 21時47分 公開

六花亭、「そだねー」商標出願についてコメント 独占の意図なしと説明

六花亭は「なんもなんも」など方言を製品名に使っており、「そだねー」も愛着ある言葉として使いたいと説明。

[ねとらぼ]

 カーリング日本女子代表が使って話題になった言葉「そだねー」を、北海道の菓子メーカー六花亭製菓が商標出願した件について、同社は3月22日、独占の意図はないとするコメントを発表しました。

六花亭 そだねー 六花亭のコメント

 同社は「そだねー」の商標を3月1日に出願。20日に出願情報が明らかになり、報道されると、一部では「便乗商法」「絶対買わない」など批判の声も上がりました。

 六花亭は出願の理由について、これまで北海道のおやつとして親しんでもらいたいという思いから、「めんこい」大平原、「なんもなんも」など方言を製品名に使っており、「そだねー」も愛着ある言葉として使いたいためと説明。

 また「商標制度の特性上、独占という印象は避けにくいのですが、弊社で申請中の商標『北加伊道』は、他社様からご利用の申し出をいただき、ぜひお使いくださいと、先日ちょうどお返事させていただいたところでした」と独占の意図はないことを示しています。

六花亭 そだねー 商標出願(特許情報プラットフォームから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう