ニュース
» 2018年04月01日 11時00分 公開

「子持ちのおじさんゲーマーにも夢を持ってほしい」 トッププロゲーマーを影で支え続ける“プロゲーマーの嫁”の内助の功 (1/3)

「西のウメハラ」とも呼ばれたトッププレイヤーの妻であり、マネジャーでもあるakikiさん。私生活やeスポーツシーンについて話を聞きました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 格闘ゲームが好きな人なら、プロ格闘ゲーマー「sako」を知らない人はいないでしょう。関西を拠点に複数の格闘ゲームで活躍し、無口な人柄とは裏腹に高い技術と猛烈な攻めで相手を圧倒するプレイスタイルを武器に、世界大会で優勝するなど今も第一線で活躍している超トッププロです。そんなsakoさんはプロゲーマーとしてはベテラン中のベテランといえる38歳。妻と1人娘を育てる良きパパでもあります。

 そしてそんなsakoさんを公私ともに支えるのが、sakoさんの妻でありマネジャーでもあるakikiさん。10年以上前からsakoさんに寄り添い、ときにはプロ格闘ゲーマーシーンの広報的存在として海外大会の状況を事細かにTwitterで知らせ、ときには仕事のパートナーとしてsakoさんをサポートし、私生活では「アプリに課金しすぎて貯金を食いつぶす」ほどだというsakoさんをうまくコントロール(?)しているそうです。


akiki sako プロゲーマー 嫁 基本は顔出ししていないというakikiさん

 どんどん増えていくプロゲーマー、年々高額になっていく大会賞金、そして突如発表され波乱を呼んでいるプロゲーマーライセンス制度……プロゲーマーを最も近い立場で見ていたakikiさんは、今もなお変化を続けるeスポーツシーンをどう見ているのでしょうか。「eスポーツ」「プロゲーマー」という言葉が浸透するずっと前から、sakoさんと一緒に活動してきたakikiさんに、妻としての苦労やプロゲーマーライセンス制度について“プロゲーマーの嫁”目線の話を聞いてみました。

sako(サコ)

主に「ストリートファイターV」で活躍するプロゲーマー。操作が難しいキャラクターを好んで使い、超高難度のコンボや連携を簡単に使いこなすなど、特に技術面で評価が高いプレイヤー。もともとコアゲーマーには良く知られた存在だったが、2010年に行われたウメハラとの10本先取マッチで0-5から10-8の大逆転勝利を収めたことで一気に知名度を上げた。

akiki(あきき)

公私ともにsakoを支える妻兼マネジャー。sakoがプロゲーマーになった当初からマネジャーとして活動しながら、2014年には娘を出産。口下手なsakoさんをサポートしたり、Twitterで海外大会のレポートを随時行ったりと、格闘ゲームシーンに深く関わる存在。


ゲームのために仕事を休んでしまう

―― 本日はよろしくお願いいたします。akikiさんはマネジャーとしてsakoさんを支えていらっしゃいますが、マネジャーとしてどういうお仕事をされているんですか?

akiki: sakoがゲームをプレイする以外のことです。

――……なんかサラッとおっしゃってますけど、他全部ってことですか?

akiki: そうです。例えば昨年は「ストリートファイターV」の大会で各国を回っていたんですが、大会の詳細を調べたり、ホテルの手配をしたり、エントリーをしたり、プロ契約の更新の交渉もします。ネットの生放送の時もセッティングもしています。出掛けるときは「ここを押したら生放送できるからね!」って伝えてます。

―― sakoさん……ゲーマーなので機械には強いのかと思ってましたが、意外ですね。

akiki: どのくらい強くないかと言うと、PS4を買って1年以上たってからコントローラーがワイヤレスだったことに気付くくらい。偶然子どもがケーブルの抜けたコントローラーを操作した時に気づいて、めちゃくちゃビックリしてました(笑)。


akiki sako プロゲーマー 嫁 PS4の片付け方を箱に書いてあげているらしい(akikiさんのTwitterより)

―― 今はご結婚されて何年くらいなんですか?

akiki: 籍を入れたのは8年前ぐらいですね。お互い関西に居たんですけど、香川に免許合宿に行ってそこで知り合ったんです。私は実家が香川だったので授業が終わったら実家で弟とゲームをしていたんですけど、他の人との雑談の中でその話がでたら「ゲームやるんですか!?」ってずっと黙ってたsakoがいきなり食いついてきて(笑)。合宿中は全然ゲームできないので飢えてたんでしょうけど、こっちは目も合わせなかったような人に急に話しかけられたので引いてましたね。で、共通の話題を得たsakoから次の日からグイグイ来られて連絡を取るようになったんです。今から14年くらい前ですね。

―― ゲームばかりやっている人と一緒にいて嫌になることはなかったんですか?

akiki: “ゲームばかりやっているから”という理由で嫌になったことはないですね。他のことを全くしなくなったときは「やるべきことをやってからゲームをやって!」と注意することは今でもあります。プロゲーマーだからとかじゃなくて「人として」って部分で。

―― どういう部分がおろそかになるんですか?

akiki: 同棲していたころだったら、ゲームのために仕事を休んじゃうとか。私が「ちゃんと仕事行きなよ!」って言って家を出たのに、帰ると靴はそのままで髭も剃ってないし髪もボサボサだし服も朝と全く一緒だったりするんです。最初は証拠がないから我慢してたんですけど、続いてきたときは「ちゃんと仕事行ってからゲームしようよ」と話し合いました(笑)。


akiki sako プロゲーマー 嫁 普段のsakoさんはシュッとした人です

―― なんかいろいろスゴイ話がでていますが……ゲーマーと付き合うのって世の女性にオススメできますか?

akiki: その質問、過去何度か答えたことがあるんですが……実はオススメできます。ゲームが嫌いな女性じゃなければそんなに難しい人種じゃないですよ。好きなものや、どうして欲しいのかがハッキリしてるし、むしろ分かりやすいです。ゲーセンに通う人ならどこにいるのか心配しなくてもいいし、家庭用ゲームオンリーだったら家に居てくれるし、コスパ最高の趣味です。彼氏としてじゃなく結婚相手としてだったら、余計にオススメできますね。

―― 心が広い。


スマホゲームに課金しすぎて貯金を食いつぶした

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.