ニュース
» 2018年03月24日 09時00分 公開

コノハムシ、ハナバチ、ハリガネムシ…… 今にも動き出しそうな生き物のバルーンアートがめっちゃリアル

「気持ち悪い」は褒め言葉。

[ひーこ,ねとらぼ]

 「すごい再現力」「クオリティ高すぎ」とTwitterを騒がせている、生き物のバルーンアート。手がけているのはMasayoshi Matsumoto(@isopresso)さんです。以前にも紹介しましたが(関連記事)、ハッシュタグ「#私の作品もっと沢山の人に広がれ祭り」で話題となっています。



コノハムシ 足の節まで細かい……!(コノハムシ)

オウムガイ 貝が巻いている形状が美しい(オウムガイ)

ハナバチ 鳥肌レベルのリアルさ(ハナバチ)

 モチーフは昆虫、魚類、動物と幅広い種類の生き物ですが、犬や猫といったメジャーな動物というよりは、コノハムシ、オウムガイ、ハナバチ、ムシヒキアブ、ニュウドウカジカなどちょっとマニア臭のする生き物たちが中心。時には「骨格」をバルーンで表現することも……!


コウテイペンギンのヒナ ムチムチボディの丸みが可愛い(コウテイペンギンのヒナ)

ムシヒキアブ 虫独特の細かい色彩の再現も見事(ムシヒキアブ)

ネズミ骨格 背骨や尻尾の節が本当に細かい!(ネズミ骨格)

 サイズ感については「大体幅40〜50センチになることが多い」とのこと。け、結構大きい。40〜50センチのリアルな虫が室内にいると思うとかなりの緊張感ですが、実際の作成現場も見てみたいですね。


メンフクロウ 目や嘴もバルーンでできています(メンフクロウ)

ハリガネムシ カマキリに寄生する様子は、ちょっとした恐怖画像(ハリガネムシ)

 またバルーンアートの性質上、数日〜1週間ほどでしぼんでしまうそうです。非常にもったいない気がしますが、そのはかなさも作品の魅力の1つなのかもしれません。


ニュウドウカジカ マヌケ可愛い表情もそのまま再現!(ニュウドウカジカ)

セミ 羽の模様は透明のバルーンで表現(セミ)


 なお動植物・虫などのバルーン作品と、骨格のバルーン作品はそれぞれtumblrにまとめて掲載されています。次はどんな生き物をバルーンで作るのか、予想するのも楽しいですね。

画像提供:Masayoshi Matsumoto(@isopresso)さん

ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう