ニュース
» 2018年03月28日 09時00分 公開

「介護用おむつセンサー」発売 おむつが濡れるとスマホに通知が届く

徘徊を防止する機能も搭載されています。

[ひーこ,ねとらぼ]

 紙おむつに装着すると装着者が排泄をしたときの温度と湿度の変化を検知し、スマートフォンに通知が送られる「介護用おむつセンサー」が、3月30日から販売されます。手がけるのはスマホアクセサリーメーカーのアイキューラボ。価格は税込4980円です。


商品イメージ パッケージとセンサー本体の画像

 おむつが濡れた状態で長時間放置してしまうと、肌のかぶれや体温低下などにつながる恐れがあります。介護用おむつセンサーによっておむつの濡れを早く、簡単に把握することができ、介護をする人とされる人双方の負担が軽減されます。柔らかいシリコン素材を使用しており、水洗いも可能とのこと。


使用イメージ 1台のスマホに最大4台のセンサーを接続可能


画面の変化の様子 おむつの状態に応じてスマホでの画面も変化

 おむつを交換した時間や1日の排尿の回数といった記録はクラウド上に保存され、アプリで確認できる他、複数人でのデータ共有もでき、体調管理に活用しやすくなっています。さらにはセンサーがスマホから離れるとアラームが鳴り、徘徊を防止できる見守り機能も搭載。


商品ロゴ 商品ロゴ

 すでにオンラインで予約受付がスタートしており、予約・購入は楽天AmazonYahoo!ショッピングから可能。詳細な商品情報については公式サイトに掲載されています。


公式ホームページ 介護用おむつセンサーの公式ホームページ

ひーこ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう