ニュース
» 2018年03月28日 21時55分 公開

バンダイがまた恐ろしいものを発明してしまった ホビー事業部の新プロジェクトに「フィギュア界を揺るがす大事件」と絶賛の声

ありがとう……ありがとう……!

[ねとらぼ]

 バンダイ ホビー事業部が新たに展開する「Figure-riseLABO ホシノ・フミナ」が「これはすごい」と話題になっています。一部では「フィギュア界を揺るがす大事件」との声も。




 今回発表された「Figure-riseLABO」は、“バンダイが持つプラモデルの成形技術を発展させ、これまでのフィギュアやプラモデルでは実現できなかった表現を研究し、実現に向けて進化させていくプロジェクト”(公式サイトより)。従来のキャラクタープラモデルシリーズ「Figure-riseBust」をさらに進化させたものになります。


Figure-riseLABO ホシノ・フミナ Figure-riseLABO ホシノ・フミナ(「Figure-riseLABO」公式サイトより)

 今回発表された第1弾「ホシノ・フミナ」では、研究テーマとして“肌の質感”の再現にこだわっているのが特徴。肌パーツを二層構造にし、肌色の下からピンクやオレンジのパーツを透けさせることで、着色なしの単色成形であるにもかかわらず、頬のチークや肌の微妙な陰影を再現しているといいます。ネット上では発表後、「着色なしでこの完成度……!」「バンダイがまた恐ろしいものを発明してしまった」「フィギュアメーカーがここ10年抱えていた問題に対する1つの答え」など絶賛の声が相次ぐ形となりました。


Figure-riseLABO ホシノ・フミナ 表面の成形色の厚みを調整することで微妙な陰影を表現(「Figure-riseLABO」公式サイトより)

 ホビー事業部のブログによると、第1弾「ホシノ・フミナ」は6月発売予定。また第2弾として「グラデーション」を研究テーマにした「Figure-riseLABO初音ミク」も準備中とのことです。


Figure-riseLABO ホシノ・フミナFigure-riseLABO ホシノ・フミナ 下地の色を透けさせることで、着色なしでこの立体感!(「Figure-riseLABO」公式サイトより)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう