ニュース
» 2018年03月29日 11時30分 公開

「歯茎を削る…正直こわかったです」 有村藍里、“口元ブサイク”改善の矯正手術を告白

過去5年間で6本の抜歯も経験。

[深戸進路,ねとらぼ]

 有村架純さんの姉でグラビアアイドルの有村藍里さんが、3月28日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」に出演し、コンプレックス改善のため歯茎を削る矯正手術を受けていたことを告白。3月29日に更新したブログで、番組内で語りきれなかった思いをつづっています。

有村藍里 ブサイク ナカイの窓 矯正 口元 歯茎 大掛かりな歯科矯正を告白した藍里さん(画像は有村藍里公式ブログから)

 世間からのブス扱いに納得がいかない芸能人が集まった「私たちそんなにブスですかSP」に出演した藍里さん。番組内では、「口元がブサイクってすごい言われる」と自身のコンプレックスについて語り、過去5年間で6本の抜歯をするなど歯科矯正に取り組んでいたことや、最近では歯と歯茎を削るセラミック矯正を受けたことも明かしました。

 番組終了後に更新されたブログでは、「私は元々歯並びが良くなくて、色々と歯の悩みがありました」とあらためてコンプレックスを告白。中でも、笑うと歯茎が見える“ガミースマイル”が悩みの種だったそうで、「人前で思いっきり笑うことが苦手でした」「歯並びを治しても1番のコンプレックスは治らなかった…」と積年の思いがあったことをつづっています。

有村藍里 ブサイク ナカイの窓 矯正 口元 歯茎 手術 5年前の藍里さん(画像は有村藍里公式ブログから)

 セラミック矯正によってガミースマイルが改善されることを知った藍里さんは、「自分の歯と歯茎を削る…正直こわかったです」と恐怖心を抱きながらも、番組内での告白通り矯正を実施。「少しでも自分に自信がもてるようになりたかった。ただそれだけの想いです」と純粋な動機を明かし、治療を終えた現在は「これからはあまり気にせずどんどん笑いたいなあと思います!」と晴れやかな気持ちを抱いているようでした。

有村藍里 ブサイク ナカイの窓 矯正 口元 歯茎 有村架純 そっくり 妹の架純さんそっくりと話題になった自撮りショット(画像は有村藍里Instagramから)

 番組放送の前日である27日には、あざとかわいい自撮りショットが「妹そっくり!!」「この写真めっちゃ架純ちゃんと似てる? かわいい!!」など実妹で女優の有村架純さんそっくりだと話題になった藍里さん。こうしたところにも、コンプレックス改善に向けた努力の影響が現れているのかもしれませんね(関連記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう