ニュース
» 2018年04月01日 18時00分 公開

「20歳になったらこの日、この場所に集まろう」 → 「小学校の同窓会、誰も来んかった」 せつなすぎると話題

ツイートが拡散されたことで、結果的には小学校時代の仲間と交流できたそうです。よかった。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「卒業から8年。小学校の同窓会に来たけど誰も来んかった」―― そんなツイートが、Twitterで悲しい笑いを呼んでいます。うつろな表情で待ち合わせ場所に独りたたずむ姿に、悪いとはおもいつつもじわじわくる。


同窓会 うつろな表情が笑いを誘う

同窓会 ぽつーん

 「みんなが20歳になったらこの日、この場所に集まろう」といったお知らせ通り、わざわざ帰省したという西平善二朗(@zenchan2426)さんの投稿。「持ち物はお金とカメラ」と指定された通り、律義に1万円札とレンズ付きフィルムを携えているあたりが、せつなさを加速させます。

 どうしてこうなったのか、編集部がくわしい話を聞いたところ、ずっこけそうな事実が。そもそも同窓会自体が近ごろ企画されたものではなく、卒業アルバムに書かれていただけだったのです。西平さんいわく、「小学6年生がノリで書いているだけだと思います」。そりゃあ普通誰も来ないわ。


同窓会 よく見るとスゴロクなど、いかにも卒業アルバム的なノリが

 そんなことは承知で待ち合わせ場所に行った西平さん。打ち合わせなしで仲間がそろったら気持ちいいだろうと、事前連絡などはせずに母校へ向かったそうです。実際のところ会いたい気持ちはあるものの、卒業アルバムで告知を見た時点で「ぼっちの写真を撮ってツイートしたい」と思っていたので、ほぼほぼネタのつもりだったとも。

 結局誰も来なかったと分かったときの感想は、「『だろうな』って感じでした」と西平さん。撮影に同行してくれた友人と笑い合ったそうです。その後も小学校時代の仲間とは会えていないものの、ツイートの拡散を機会にネットで交流できたため結果オーライ。ただ、大学の教授からは心配されてしまったのだとか。ややこしい話ですが、そこは説明してあげて。

画像提供:西平善二朗(@zenchan2426)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう