ニュース
» 2018年03月30日 07時00分 公開

市販マスクが花粉除去率99%になる方法を環境省が紹介 ガーゼとコットンで可能

ガーゼは洗濯して再利用できます。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 環境省サイトで紹介されている「市販のどんなタイプのマスクでも99%以上の花粉除去率」になる“インナーマスク”が話題となっています。ガーゼと化粧用コットンでできます。

花粉阻止率のグラフ 市販のどんなタイプのマスクでも99%以上の花粉除去率になる「インナーマスク」(環境省より)

 インナーマスクの作成方法を紹介します。「環境省の花粉症環境保健マニュアル(2014年1月改訂版)」に掲載されている内容です。

  1. ガーゼを10センチ四方に切り、2枚用意します
  2. 化粧用コットンを丸め、1枚のガーゼでくるむ(インナーマスク)
  3. 市販の不織布マスクにもう1枚のガーゼを4つ折りにしてあてる
  4. 鼻の下にガーゼでくるんだコットン(インナーマスク)を置く
  5. 3.のガーゼをあてたマスクを装着する

 ※息が苦しい場合には、コットンの厚さを半分にしてください。


 インナーマスク法は「文部科学省科学振興調整費、生活・社会基盤研究、生活者ニーズ対応研究『スギ花粉症克服に向けた総合研究(第II期成果報告)』の研究成果を引用しています。

 研究では18種の市販マスクを調査。ガーゼマスク1種をのぞき、全てが90%以上の花粉阻止効果を示しました。しかし、素材が90%以上の花粉阻止率であっても実使用では10〜40%も低下してしまいます。マスクの上下左右の隙間から花粉が侵入するためです。

マスク装着の様子 上下左右の隙間から花粉が侵入します(科学技術振興調整費等データベースより)

 ガーゼが花粉を捕捉するため、ガーゼ使用で不織布マスクでは10%、平面ガーゼマスクでは15〜30%ほど花粉阻止効果が上昇します。ガーゼ複数枚を重ねて使うと効果がアップすることも分かりました。

 ガーゼの替えを用意しておき、マスク脱着のたびに新しいものと交換するといいそうです。ガーゼは洗濯して再利用できます。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう