ニュース
» 2018年03月31日 17時19分 公開

iOS11.3でバッテリーの劣化状況が確認可能に 「性能低下問題」への対策も

バッテリーが劣化すると強制的に端末パフォーマンスが下がる件が問題になっていました。

[ねとらぼ]

 Appleが3月30日にリリースした「iOS 11.3」で、端末のバッテリー劣化状況が確認できるようになりました。Appleと言えば昨年(2017年)12月、バッテリーの劣化状況に応じて端末のパフォーマンスを意図的に下げていたことが発覚し問題になっていましたが、この機能をオフにすることも可能となっています。


iPhone バッテリー 現在のバッテリー劣化状況と、パフォーマンス抑制機能の確認&無効化が可能

 バッテリーの劣化状況はアップデート後、「設定→バッテリー→バッテリーの状態(ベータ)」から確認することが可能(iPhone 6以降のiPhoneシリーズのみ)。初期状態に比べてどれくらい劣化しているかがパーセントで表示されるほか、「ピークパフォーマンス性能」の項目では、バッテリー劣化によるパフォーマンス抑制機能を手動で無効にすることができます。


iPhone バッテリーiPhone バッテリー 「設定→バッテリー→バッテリーの状態(ベータ)」から確認可能

 「現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されている場合は100%のパフォーマンスを発揮できていますが、「パフォーマンス管理が適用されました」と表示されている場合は、バッテリー劣化によりパフォーマンスが抑制されている状態のようです。Appleは現在、希望者に対し無料あるいは安価でのバッテリー交換を行っており(2018年末まで)、劣化が気になる人はこちらも検討してみるとよさそうです(関連:iPhoneバッテリー“無償交換” その方法と事前準備(ITmedia News)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう