コラム
» 2018年04月02日 11時00分 公開

「貴様」は実は丁寧な言葉だった?

実はベジータは丁寧な人?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 「ハッハッハ、このお宝はいただいていくぞ」

 「き、貴様〜〜〜!!! 待て〜〜〜!!!」

 ダイヤモンドを盗み去って行く怪盗と、それを追いかける警官。マンガやアニメでありがちなこの光景ですが、セリフに少し違和感を覚えませんか?

 そう、「貴様」という二人称です。日常生活ではめったに使うことがないのであまり気になりませんが、こうして漢字で書いてみると……「貴い(たっとい)」に「様」って、相手のことものすごく尊敬してません?


確かに「様」が付いてるので尊敬してるように見える

 ふつう相手を罵る場面で使われるはずの「貴様」が、こんなに丁寧な字面なのはなぜでしょうか? その理由は、室町時代にまでさかのぼります。

もともとは敬意を表していた

 「貴様」という言葉が使われ始めた室町時代末には、実は文字通り相手への敬意を表す二人称だったとされています。

 しかし、もともと武家の書簡で用いられていた「貴様」が庶民にも使われるようになると、そこに含まれる敬意は暴落。江戸時代後期にはもう、目下の者に対して使われるまでになってしまいました。

 一説には、遊女が客に対して使い始めたことで一般化が進んだ、ともされています。



「お前」も同じ

 ちなみに、今はあまり丁寧でないとされる「お前」も、もともとは敬語の一種でした。漢字で書くと「御前」。そう、静御前などの「御前(ごぜん)」と同じです。しかし「貴様」同様、江戸時代後期には同等〜目下の相手に使う二人称として定着しました。

 当時も、言葉の意味が変わり始めた当初は「日本語の乱れ」……なんて言われていたのかもしれませんね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう