ニュース
» 2018年04月04日 09時00分 公開

米YouTube本社で銃撃事件 3人が負傷

容疑者は自殺したとみられています。

[ねとらぼ]

 米カリフォルニア州にあるYouTube本社で銃撃事件が起きました。現時点では4人の死傷者が報告されています。

YouTube 銃撃事件 YouTube本社(ストリートビューから)

 サンブルーノ警察の発表では、4月3日(現地時間)に銃撃事件について数件の通報を受けたとのこと。最初の通報から2分後に現場に到着して容疑者の捜索を開始し、銃で自殺したとみられる女性の遺体と、銃撃による負傷者3人を発見したとしています。警察は負傷者の容体は不明としていますが、報道では重体とされています。

YouTube 銃撃事件 警察の発表

 YouTubeの親会社GoogleはTwitterで「当局に協力している。情報が入ったら発表する」としており、従業員の避難や安全確保に取り組んでいるとコメント。サンダー・ピチャイCEOは、被害者支援のために手を尽くすと述べています。

15時40分追記

 サンブルーノ警察が、容疑者はサンディエゴのNasim Najafi Aghdam(39)と特定されたと発表。動機は捜査中で、現時点では容疑者が被害者を知っていた、特定の個人を狙っていたという証拠はないとしています。

YouTube 銃撃事件 Nasim Najafi Aghdam

4月5日追記

 海外メディアは、容疑者のものとみられるWebサイトに「YouTubeが差別をして自分の動画をフィルタリングし、再生されないようにしている」と記されていたと伝えています。家族に対しても、YouTubeが自分の動画を検閲して報酬の支払いを止めたと話していたとのことで、こうした不満が動機とみられています。

 Google本社があるマウンテンビューの警察は、事件当日容疑者が乗っていた車を見つけ、話をしたことを報告しています。これは容疑者に家族から捜索願いが出されていたためで、容疑者は「家庭の問題で家を出た」と話し、YouTubeのことには触れませんでした。落ち着いた様子で協力的であり、警察はそれ以上聴取を行う理由はないと判断。家族に容疑者が見つかったことを連絡しましたが、その際も凶行を予感させるような話はなかったとのことです。家族は容疑者がYouTubeによる自分の動画の扱いに怒っていて、そのためマウンテンビューにいたのかもしれないと話していたものの、そのことを心配している様子はなかったとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう