ニュース
» 2018年04月04日 17時35分 公開

スマホの動く「オーバーレイ広告」に規制の動き 広告業者「主要広告事業者間で意見交換を行った」

うっかりタップのイライラが解消される?

[ねとらぼ]

 スマートフォンでWebを閲覧する際に表示される「オーバーレイ広告」を規制する動きが、国内の広告事業者の間で持ち上がっていることが分かった。

スマホのオーバーレイ広告に規制の動き 広告業者「主要広告事業者間で意見交換を行った」

 オーバーレイ広告とはページの最上部や最下部などに固定できるWeb広告の一種。中には悪質なものもあり、徐々に位置を移動させることでユーザーの誤タップを誘うものもある。今回持ち上がっている規制は、こうした悪質なオーバーレイ広告が対象。

 全ての広告事業者が規制に乗り出すわけではないものの、複数の事業者が5月10日以降「広告位置の移動」「クリック領域の拡大」「広告を透過状態から浮き上がらせる」といった挙動を禁止すると告知している。

 大手スマホ広告業者に規制の経緯を取材したところ、「オーバーレイ広告について国内の主要広告事業者間で意見交換を行った」との確認が取れた。この取り組みが広く根付くのか、注目が集まっている。

 利便性を妨げる広告は国際的にも問題視されており、Googleでは2018年2月15日より、業界団体のCoalition for Better Adsが定めた「Better Ads Standards」の基準に満たない広告をChrome上で表示させない対応を取っている。

スマホの動く広告「オーバーレイ広告」に規制の動き 広告業者「主要広告事業者間で意見交換を行った」 Chromeでは画像にあるような広告は表示されないようになっている(画像はCoalition for Better Ads公式サイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう