ニュース
» 2018年04月04日 19時24分 公開

「それをちびっ子がマネをするんです」つば九郎が”品のないヤジ”に苦言 ファンから賛同集める

畜ペンさんカッコイイ……。

[ねとらぼ]

 東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」が、危険球を投じた選手へのヤジについて「品のないヤジはやめよう」とブログ上で呼びかけ、話題となっています。


ヤクルト つば九郎 畜生ペンギン (以下、画像はつば九郎公式ブログより)

 これは、4月3日のヤクルト対広島戦で七回にヤクルトの川端慎吾内野手が広島東洋カープの今村猛投手から頭部への危険球を受け、担架で運ばれたことを受けてのもの。今村選手は危険球退場となりましたが、一部の人からは心ないヤジがとんでいたそうです。

 つば九郎はブログの中で「ヤクルトスワローズファンの皆さん、カープの今村くん、わざと当てたわけではありません」と切り出し、「気持ちは分かります。だけど、それを、ちびっ子が、マネをしていってるんです」「それは良くない。ちびっ子が、今夜家に帰り、家族の方が聞いたら、ショックを受けるよ」と“品のない汚いヤジ”をしないよう、ファンに呼びかけていました。


ヤクルト つば九郎 畜生ペンギン 「まっ、おまえがいうなよ!って、いわれるんでしょうがね〜」がつば九郎らしい

 「だから、品のないのは止めよ。おもろいのは良いとして……。まっ、お前が言うなよ!って、言われるんでしょうがね〜」と危険球に関する呼びかけを締めくくったつば九郎。型破りな言動に注目が集まりがちで「畜生ペンギン」と呼ばれることもあるつば九郎ですが、ブログには「ファンなんですから、心ないヤジは、よろしくないですよね」「品のないやじは野球の品位を損なう」といったコメントの他、カープファンからの「つば九郎に救われた気がしました」といった声も寄せられています。

※ブログは全て平仮名表記



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう