ニュース
» 2018年04月05日 07時00分 公開

残業代の正しい知識を聞けるチャットボット「六法あいこ」がLINEに登場

ユーザーの労働形態で残業代はもらえるのか、どのように請求すればいいのかといった疑問に答えてくれます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「年俸制でも残業代はもらえるの?」「請求する方法は?」といった質問に答えてくれるチャットボット「AI弁護士 六法あいこの残業代相談」がLINE上でスタートしました。


六法あいこ 残業代に関する知識を気軽に聞ける

 提供元はアプリ「残業証拠レコーダー」(関連記事)を手がける日本リーガルネットワーク。企業のなかには残業代の支払い義務があるにもかかわらず、「年俸制だから残業代を支払う必要はない」といった虚偽の説明をするところがあり、法的知識のない労働者がうそを信じてしまうケースがあると指摘しています。

 こうした背景から、労働者が残業代に関する知識に触れて違法な労働環境に置かれていないか意識してほしいと、六法あいこは開発されました。自分の労働形態や業種、役職でも残業代を支払ってもらえるのかといった質問に応えてくれます。月給や就業時間を伝えると、法的に請求できる残業代を概算してくれる機能も。


請求方法 残業代の請求方法を聞くと、示談交渉や労働審判などの手段を回答

概算概算 残業代の金額を聞き、一問一答形式で就業状況を申告

概算 法的に請求できる2年分の概算額を教えてくれる

 近日中には、残業証拠レコーダーのサイトやアプリ内でも提供される予定。同社はこれらの取り組みを通じて、サービス残業問題解決へ貢献していくと述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう