ニュース
» 2018年04月06日 20時00分 公開

真ん中に立っていた親子が悪いのか? エスカレーターでのトラブルを描いた漫画

あなたならどう思うでしょうか?

[ひーこ,ねとらぼ]

 漫画家の山崎浩(@housui03)さんが「エスカレーターに乗るといつも思うこと…」というつぶやきとともにTwitterに漫画を投稿しました。山崎さんが目撃したエスカレーターでのトラブルを描いていますが、正しい使い方について、考えさせられるものがあります。



 ずいぶん前に山崎さんが遭遇したというできごと。エスカレーターで、ある親子が手をつないで横並びで立っていました。すると後ろからきた男が「おいっどけよ! 真ん中に立ってんじゃねーよっ!」と怒鳴ります。母親は「スイマセンスイマセン」と謝りました。


漫画1ページ目 後ろから来た歩行者に怒られてしまう親子

 これに対し山崎さんは、「歩かない」「保護者の方はお子さまを支え中央にお乗せください」と記載されたエスカレーターの注意書きを紹介。真ん中に立っていた親子について「むしろ正しい! 圧倒的に正しいのだ!」と主張します。


漫画2ページ目 ルールを守っていたのは親子の方だった

 それ以来、注意書きにのっとりエスカレーターの真ん中に立つようにしているという山崎さん。奥さんから「後ろから人来てるよ」と注意されると「他のルールやマナーを守れてなぜコレだけはこっちが悪者のように言われるのかっ!」と言い返し……はせず、一応端に寄っているそうです。


漫画3ページ目 ルールを守る方が少数派になってしまっている現状、どうしたら良いのでしょうか

 注意書きがあろうと、大多数の人がエスカレーターで歩行をしている現状では、真ん中に立つことで道を塞いでしまい、漫画のように責められてしまう可能性もあります。リプライ欄にはエスカレーターの正しい使い方について、さまざまな意見が寄せられました。

 なお日本エレベーター協会の公式サイトでは、エスカレーターで歩いてはいけない理由について「他の人にぶつかって転倒させてしまったり、また自らも転倒などしてケガをしてしまうことがあるから」と説明しています。


画像提供:山崎浩(@housui03)さん


ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう