ニュース
» 2018年04月06日 11時47分 公開

「カレーパンサンド」ってどういうことよ!? カレーパンを食パンではさむ狂気のパンをフジパンが東北限定販売

破壊力すごい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「カレーパンサンド」なる惣菜パンが発見され、「クレイジー」「何を血迷ってこいつをはさんだ」とTwitterをざわつかせています。そうか、「カレー」そのものではなく、「カレーパン」を食パンではさんでしまったのか……。


カレーパンサンド 「食パンにカレーパンをはさんじゃいました」だと……!?

カレーパンサンド 開けてみると、中身は本当にカレーパン。「カレーコロッケサンド」だと思えば普通にアリなのかも

 パッケージの絵だけ見ると、揚げ物が半切りの食パンにはさまっているように見えますが、その正体はカレーパン。既に惣菜パンとして成立しているものを、さらに食パンではさむ発想がすごい。チャーハンをおかずにゴハンを食べるような破壊力を生み出したフジパンに、開発経緯などを聞いてみました。


カレーパンサンド

 カレーパンサンドは、4月1日から東北6県限定で販売(オープン価格、参考価格は税込108円)。取り扱いがあるのはスーパーや量販店で、コンビニには入っていないとのことです。

 開発の原点は、台湾にある揚げパンをパンではさんだ食べ物。日本でもウケるかどうか試してみることになり、「金城軒カリーパン」など、フジパンの商品同士を組み合わせて制作したそうです。

 Twitterで話題となったことについて、「うれしさ半分、驚き半分です」と広報担当者。売れ行きは出だしからかなりの好調で、予想を上回る反響があったそうです。この勢いで販売地域が広がったら試してみたい。

画像提供:フジパン

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう