ニュース
» 2018年04月06日 19時30分 公開

まさかのダイミダラー! 『極黒のブリュンヒルデ』の岡本倫、アニメ化で心に大ダメージを負っていたことを告白

涙なしには聞けない。

[深戸進路,ねとらぼ]

 漫画『極黒のブリュンヒルデ』の作者である岡本倫さんが4月5日、同作がアニメ化された際に体験した悲しいエピソードをTwitterで告白しました。これは泣きたくなるやつだ……。


極黒のブリュンヒルデ 岡本倫 漫画 完結 アニメコスプレ キャバクラ 『極黒のブリュンヒルデ』1巻(画像はAmazo.co.jpから)

 夜も深まってきた同日22時40分ごろ、「酔っ払ってます」と一言つぶやいた岡本さん。アルコールの勢いを借りてつづられたのは、同作のアニメが放送されていた時期(2014年)に起きた“コスプレキャバクラ”での悲劇でした。

 コスプレキャバクラには、アニメや漫画のオタク知識に詳しい女性が多く在籍しており、岡本さんは「普通の会社員の振りをして『今期のアニメ何見てる?』という質問を延べ20人くらいにしました」と数軒を巡りながら潜入調査を実施したとのこと。原作者として評判や知名度が気になったようですが、「『極黒のブリュンヒルデ』と答えてくれた女の子は0でした」と悲しすぎる結果が出てしまったことを明かしています。おうふ……。


 最後についてくれた女性には、「実はぼくは漫画家で今期放送されてるアニメの原作を描いてるんだけど、結局誰も見ていなかった」と作品名は伏せながらありのままの結果を伝えたという岡本さん。慰めの言葉でも掛けられそうな場面ですが、女性は「何の漫画描いてるの? ダイミダラー?」と主にエロ方面にぶっ飛んだ怪作『健全ロボ ダイミダラー』の名を挙げたそうで、岡本さんは「そうだよと答えて帰りました。すみません・・・」と感情の置所を見失った当時の状況を振り返っています。よりによってダイミダラーかよ!


極黒のブリュンヒルデ 健全ロボ ダイミダラー 岡本倫 漫画 完結 アニメコスプレ キャバクラ 第1話のタイトルからぶっとんでるダイミダラー(画像はAmazo.co.jpから)

 ファンからは、「極黒死ぬほど大好きです!」「OP曲で心を鷲掴みされてからあの期の推しアニメです」「俺は見ていたぞー!」など励ましのメッセージが多く寄せられた他、「都内のコスキャバで働いてますが、好きな漫画は? って聞かれたら極黒のブリュンヒルデって答えてますよ!」「ブリュンヒルデが好き過ぎてキャバクラで以前黒羽寧子という名前で働いておりました」など、当時の岡本さんに知らせてあげたい朗報も届いていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう