ニュース
» 2018年04月08日 17時35分 公開

「荒野行動」運営が訴訟報道に対する見解発表 「弊社が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲーム」

デマに対する非難も。

[ねとらぼ]

  バトルロイヤルゲーム「荒野行動」の運営する中国NetEaseは、同ジャンルのゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」の運営元から訴訟を提起されたとの報道について見解を発表しました。


荒野行動 「荒野行動」公式Twitterより

 「荒野行動」は、「PUBG」を提供するPUBG.Corpから「PUBGと内容が酷似している」として訴訟を提起されたことが海外で報じられていました(関連記事)。これを受け、Twitterでは「荒野行動」が長時間トレンド入りした他、複数のアカウントから「荒野行動がサービス終了した」とするデマがツイートされるなど、一部で混乱を呼んでいました(関連記事)。

 NetEaseは、発表の中で「『荒野行動』は弊社が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲーム」「『荒野行動』がリリースされてから業界内での高い評価、及びプレイヤーの支持と関心を得ております」と強調。「PUBG」との類似性について具体的な言及はありませんが、「オリジナルの遊び方、設計、風景等があります」「スマートフォンでもバトルロイヤルゲームを楽しむことができるように、創作に大々的に取り組んでおります」とコメントしています。

 また、「荒野行動が終了する」というデマについても、「イメージを侵害するだけでなく、『荒野行動』を今まで支持してくださっているプレイヤーの皆様も傷つけています」と非難しています。


荒野行動 拡散されていたデマ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう