ニュース
» 2018年04月10日 20時48分 公開

新パレード、小さな世界、チョコクランチでお祝いだ:東京ディズニーリゾートは35周年、史上最大級の祭典「Happiest Celebration!」が始まる (1/3)

1983年4月15日の東京ディズニーランド開園から35年。アニバーサリーイベントが始まります。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 1983年4月15日、東京ディズニーランドが開園しました。当時はまだ京葉線もなく、最寄りの地下鉄駅からバスで“夢と魔法の王国”に行ったことを思い出します。それからもう35年がたったというのは本当に驚きで、ねとらぼ読者のほとんどは「生まれたときにはもう開園してた」かと思います。

東京ディズニーリゾート 35周年 1983年、開園当時の東京ディズニーランド

 そして2018年4月15日から2019年3月25日の345日間、35周年を迎える東京ディズニーリゾートは2つのパーク、そしてホテルが「Happiest Celebration!」と題するアニバーサリーイベントを開催します。これまで何度も行ったパークが、あっと驚く変化を見せる特別な祭典です。そんなアニバーサリーなイベントを、一足先に体験してきました。

東京ディズニーリゾート 35周年 35周年へようこそ!

35周年の目玉は、ゲートをくぐるとそこにある

 今回一番私の心に刺さったのは、東京ディズニーランドを訪れた全ての人が最初に体験する「ワールドバザール」の変化。中央には35周年を祝う特別なモニュメント「セレブレーションタワー」が登場。ここにはこれまでのミッキーの軌跡が、特別なコスチュームによって表現されています。

東京ディズニーリゾート 35周年 セレブレーションタワー 真っ先に目に飛び込んでくるのは「セレブレーションタワー」
東京ディズニーリゾート 35周年 長く東京ディズニーリゾートファンをやっていると「何周年が一番好きだったか」の話題になりがちですが、どこの界隈も一緒で大体荒れるネタです。ちなみに私は15周年が大好きでした(20年前)

 そしてワールドバザールは特別な装飾が施され、この時期だけの「セレブレーションストリート」として様変わりしています。日中は35周年のテーマソングにのせて祝祭感あふれる世界になっており、常に音楽が流れているかのようなエリアです。そしてときには紙吹雪による盛大なお祝いも! このときはその場にいたゲストがみんな歓声を上げ、本当に素晴らしい瞬間でした。

東京ディズニーリゾート 35周年 ワールドバザール 紙吹雪が舞うと、一斉にゲストがどよめきました。祝祭感!

 セレブレーションストリートのお楽しみはこれだけではありません。夜にはさらに驚くような変化がありますが……その様子は記事の最後の方で。

きっとあなたも買ったことのある「チョコレートクランチ」を作ろう

東京ディズニーリゾート 35周年 チョコレートクランチ ひときわ目立つお店が……?

 そしてもう1つ、絶対に体験したいプログラムがあります。それは東京ディズニーリゾートのお土産の定番「チョコレートクランチ」に関係するもの。ワールドバザールにあるショップ「ペイストリーパレス」が一新し、ドナルドダックら“ダックファミリー”が開催するチョコレートコンテストをテーマに、なんとあのチョコレートクランチの“好きなフレーバー”を詰められる体験ができるのです。

東京ディズニーリゾート 35周年 チョコレートクランチ 「ペイストリーパレス」はドナルドファミリーたちによって、この時期だけのチョコレートクランチ専門店になりました

 フレーバーだけでなく、どの職場にも1つはある「缶」、そしてリボンを組み合わせ、あなただけのお土産を作れます。しかも缶のデザインやフレーバーは期間によって入れ替えがありますので、35周年がチョコレートクランチまみれになるかも。私はそれでも構いませんが!

東京ディズニーリゾート 35周年 チョコレートクランチ まずは缶を選びます
東京ディズニーリゾート 35周年 チョコレートクランチ 常時6種類あるフレーバーから、好きなものを計18個どうぞ
東京ディズニーリゾート 35周年 チョコレートクランチ フタとリボンを選んで、あなただけのセットが完成!
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.