ニュース
» 2018年04月12日 18時43分 公開

トランセンドがフラッシュメモリ製品の保証期間を無期限から5年へ変更、なぜ?

既に店頭にある「無期限保証」と記載された製品については、そのまま無期限保証が適用されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 トランセンドがフラッシュメモリ製品の保証期間を、従来の無期限から5年へ変更すると発表しました。対象はSD・microSDカードとコンパクトフラッシュ、USBメモリと、Mac用カード型ストレージ「JetDrive Lite」。


メモリーカード メモリーカードのほか、USBメモリやMac用カード型ストレージが5年保証に

 今後の新製品だけでなく、既存製品も5年保証記載のパッケージ品に順次切り替える予定。既に店頭にある「無期限保証」と記載されたパッケージ品は、そのまま無期限保証が適用されるとのことです。

 理由は昨今のコンシューマ市場における競争の激化と、製品の販売サイクルの短期化。公式Twitterは、「昨今のNANDフラッシュのサイクルめっちゃ早いから無期限保証維持するのは無理。5年もあれば充分な勢いなので5年保証にします」と、平易な言葉で説明しています。


 そんな中の人に対し、ユーザーからは「初期不良がなければめったに壊れないから5年でも十分長い」「保証用の製品を5年も維持するのは大変」など、納得したとの声が寄せられています。


ロゴ


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう