ニュース
» 2018年04月12日 23時01分 公開

「高負荷のチートプログラムを入れても満足できる」 デル、中国で行われた発表会内の不適切発言で謝罪

PUBGのチート問題。

[ねとらぼ]

 PCメーカーのデルが、中国で行われた製品発表会でゲームのチート行為を推奨するような発言があったとして謝罪しました。


PUBG デル公式Twitterより

 PC Watchの報道によると、問題の発言はゲーミングノートPC「G」シリーズの発表会内のもの。性能をアピールするプレゼンの際に「『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』で高い負荷をがかかるチートプログラムを入れるような“狂ったゲーマー”でも満足できる」といった趣旨の発言があったとされています。


PUBG PUBG

 デル日本法人は公式Twitterで「弊社では不適切なゲーム改造を一切支持しておりません。このたびはゲームにかかわる皆様に多大な誤解をお招きしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。中国の発表会で行われたデルの発言は、複数の海外メディアから批判を浴びた他、日本国内のまとめサイトにも取り上げられ一部で注目を集めていました。

 「PUBG」は世界的に人気のあるバトルロイヤルゲーム。昨今では、プレイヤー人口が急増する一方で、チートによって不正にプレイするユーザーがいることも問題視されていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう