ニュース
» 2018年04月13日 10時00分 公開

有人多脚ロボット「Exo-Bionics」 「レースしようぜ」重厚感たっぷりのボディーでノッシノッシと走り出す

夢に見たSFな世界が現実に!! ロマンいっぱい。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 米国のロボット開発企業Furrionが、4つの脚を持つ巨大な有人ロボット「Exo-Bionics」を開発しています。目標は「巨大ロボットレースの開催」だそうです。


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 4つの脚を持つ有人ロボット「Exo-Bionics」


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 高さ約4.6メートル、重量は約3.6トンもある。これを操縦できる!

 Exo-Bionicsは高さ約4.6メートル、重量約3.6トンという重量級ボディーの多脚ロボット。中央に操縦席があり、これを“操縦”できます。ハンドガードが付いたコントローラーを操ると、左右それぞれ、2本の脚を交互に連動させながら走行します。ノッシノッシと移動する姿はちょっとかわいいかも。


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 ハンドガード付きのコントローラー


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 計器類も一体になっている。このメカメカしさだけで何だかワクワクしちゃいます


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 いくぜ Exo-Bionics!

 ちなみにExo-Bionicsは最高時速32キロの速さで移動できるそうです。こんな巨体でロードバイクや原付バイクくらいのスピードが出てしまうなんて……。強みは4つの脚による踏破性と安定性。砂地や荒れ地もなんのそのです。

 Furrionは将来、Exo-Bionicsを使ってオフロードを走り抜けるようなレースを開催したいとし、「メック・レース・リーグ」の設立を目標に掲げています。実現に期待!


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 ロボットレースの開催が目標


ロボット Exo-Bionics 4つ脚 いつか実現してほしい

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう